【まじかよ】火事から救出されたブタたち・・・しかし、その後予想外の出来事が・・・えぇええ・・・

なんてこった・・・:(;゙゚”ω゚”):

とある養豚場にて火災が起き

ブタを消防士たちが救出したという

エピソードがあったそうなんだが|д゚)

その後の展開にネット民驚愕・・・

それがコチラ↓↓↓

1503648771993


(以下、本文引用)

イギリス南西部ウィルトシャーの

養豚場にて火災が起き、

ブタを救出したという

エピソードがあった。

03-2[1]

火事の原因は納屋においてあった

干し草60トンが燃えだし、

オスブタ2匹と子ブタ18匹が

地元の消防士により救出された。


01-15[1]

それから半年経ち養豚場の人は

このブタを食用のソーセージに

加工して当時救出してくれた

消防士たちにお礼の気持ちとして

消防署にプレゼントした。

02-3[1]




……とここまでだと

ブラックジョークで

終わっていたかもしれないが、

この消防署が受け取ったソーセージを

食べる様子をFacebookに

「ソーセージはとてもうまかった!」

と投稿した。

j1fA5[1]

(詳細はタップ)

これを見た人々は

「自分が救出した豚を

食べることができるんか?」

DGi5Z98UIAAwXI0[1]

「最終的に自分の腹の中に入ったか」

201312202152415bd[1]

「あえて写真まで撮って

公開する必要あるか」と非難を投稿。

11[1]




一方「食用に育てた動物なので問題ない」

と擁護する声もあった。

養豚場のレイチェル・リバースさんは

みなさんの気分はよくないかもしれないが、

我々は消防士に感謝する

最高の方法だと思ったと釈明した。

騒動が炎上すると消防署は

「先日の投稿記事にて市民に

不快な思いをさせてしまったことを認めます。

この場で正式に謝罪します」と投稿した。

全文がこちら:http://gogotsu.com/archives/32547

これを見たネットユーザーの反応は・・・

『最高のお返しだとは思うけど
なんとも言えないモヤっと感』

『人間の業は深いな・・・』

『感謝して食べるしかないよな』

『早いか、遅いかの違いだろ』

『消防隊員のおかげであるべき姿に
なれたわけだわ』




『助けたブタのソーセージはうまいか?』

『これが生きるってことなんやな・・・』

『究極の恩返しやんけ!!!』

『うぅうん、なんかモヤモヤするなぁ』

『結局は焼かれるのね・・・』

んんぅ。
なんとも言えない話だお・・・
20161221125705

まぁ、遅かれ早かれ
焼かれてたんだって考えると
なんとも言えない気持ちになるわな
images

で、ブタ代表のやる夫くんは
いつソーセージになるの?
10-2

ふざけるなぁあああああ
imgres
じょ、冗談だっテェエエ!!

シェアしてくれると嬉しいです!

フォローどうぞ!