【危険】6000人が燃えた町・・・




アメリカ合衆国ペンシルべニア州

コロンビア群の町、

セントラリア。





19世紀後半から石炭鉱業

によって栄えた町で最高6000人以上

が住んでいましたが、





1962年に発生した炭坑内火災で

有毒ガスが発生してこの地を

去らなければならなくなりました。





地面の温度が常に80℃位で

地盤沈下も起こり、

所々地割れが起きています。





現在この道路は使われていません。

火災原因は解っていませんが、

集積所のゴミを燃やしたところに





地下の石炭鉱脈に引火したのではないか、

との憶測もあります。

今現在も坑内は燃え続けています。





消化の方法も見つかっていません。

今後数十年は燃え続けるとの見方もあります。





今は若干の住んでる人もいるようです。

また、サイレントヒルやゲームのモデルになもなっています。

シェアしてくれると嬉しいです!

フォローどうぞ!